ドメーヌ アンリ 公式ショップ ボワイヨ ムルソー 1er レ ジュヌヴリエール 750ml 2018 【国内在庫】

ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ムルソー 1er レ・ジュヌヴリエール [2018]750ml

ドメーヌ アンリ 【公式ショップ】 ボワイヨ ムルソー 1er レ ジュヌヴリエール 750ml 2018 ビール・洋酒 , ワイン , 白ワイン,hamakoecolife.com,/sardonicism397813.html,[2018]750ml,レ・ジュヌヴリエール,ムルソー,1er,12473円,ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ビール・洋酒 , ワイン , 白ワイン,hamakoecolife.com,/sardonicism397813.html,[2018]750ml,レ・ジュヌヴリエール,ムルソー,1er,12473円,ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ドメーヌ アンリ 【公式ショップ】 ボワイヨ ムルソー 1er レ ジュヌヴリエール 750ml 2018 12473円 ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ムルソー 1er レ・ジュヌヴリエール [2018]750ml ビール・洋酒 ワイン 白ワイン 12473円 ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ムルソー 1er レ・ジュヌヴリエール [2018]750ml ビール・洋酒 ワイン 白ワイン

12473円

ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ムルソー 1er レ・ジュヌヴリエール [2018]750ml



「レ ジュヌヴリエール」はムルソーの1級畑の御三家の1つといわれる銘譲畑。12ヶ月樽熟成(新樽率60%)されます。
アカシアの花、白いモモに菩提樹や胡椒のニュアンス。しっかりと芯をささえるエレガントな酸と豊かなミネラル。スタイリッシュでいてクラシカルな魅力的なワインです。ジュヌヴリエールらしいリッチでパワフルな飲みごたえがあります。余韻は非常に長く、熟成が期待できます。
2004年までは買いブドウを使用していましたが、2005年以降は自社畑のブドウのみ使用し、ドメーヌものとしてリリースしています。

ワインアドヴォケイト:93ポイント
Reviewed by William KelleyIssue Date10th Jan 2020SourceJanuary 2020 Week 2, The Wine Advocate Drink Date2022 - 2045
The 2018 Meursault 1er Cru Genevrieres reveals aromas of crisp green orchard fruit, peach, spring blossom, honeycomb and praline, followed by a medium to full-bodied, nicely concentrated palate that's chalky and structured, built around lively acids and appreciable dry extract.

■2018ヴィンテージ情報■

【気候】
●近年同様だが、ブルゴーニュの冬は温暖になっている。12月は穏やかで雨が多かった。3月はいつものように温かく、土壌を乾燥させ、ブドウ樹を目覚まさせた。
●4月は暑く、乾燥し、発芽はすさまじい勢いで進んていった。過去2年続いた霜の被害はなく、ほっとさせた。
●5月は温暖で、わずかな雨もあり、植物の成長を促進させた。
●6月はとても暑く、乾燥していた。開花は問題なく、早く進んでいった。続く7月と8月は酷暑だった。
●温暖で乾燥した素晴らしい気候のもと、収穫は8月28日に始まった。温暖化が始まってから最も早熟である村の1つであるヴォルネーの赤から収穫を始めた。その後、白の収穫をムルソーで行い、続いてピュリニー・モンラッシェ、コルトン、ポマールで行った。数日後に、コートドニュイのグランクリュの収穫を行った。

【白ワイン】
●2009年、もしくは1999年を思わせる。とてもフレッシュ感があり、メインとなるアロマは白い花、白い桃、レモン、黄色いグレープフルーツ。とてもエネルギッシュでピュアなミネラルを思わせる風味である。
●直近の16年、17年と比べてもより早くから楽しめるワイン。村名で5年、プルミエクリュやグランクリュで10年ほどで飲み頃を迎えるだろう。

【赤ワイン】
●香りが複雑で、カシスや熟したサクランボ、スパイス、黒コショウ、タバコなどが香る。
●色はやや黒みを帯びた濃い赤。
●このヴィンテージで特によくできた赤はヴォルネーの村名で緻密さとピュアさを兼ね備えている。エレガントで繊細であり、細かくシルキーなタンニンといったピノ・ノワールの素晴らしさを兼ね備えた、ときめくようなワインだ。

このコメントを書いている今は、2019年の収穫が終わり、醸造が終わろうとしているところであるが、2019年はとてもよい品質のヴィンテージだあることが言えるだろう。そして悪いニュースとしては収量が少なく、例年の50%ほどしかないことだ。だからこの2018年を楽しんで!

ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ ムルソー 1er レ・ジュヌヴリエール [2018]750ml

インフォメーション
多摩モノレールからのお知らせ

時刻表・運賃・各駅設備

沿線おすすめ情報

多摩都市モノレールについて